Menu

治療の進め方

Home

矯正治療の進め方

歯は動きます!

歯とその周囲の骨(歯槽骨)との間には、繊維に富んだ歯根膜という組織があります。
動かしたい歯に矯正装置で適度な力を加え、この歯根膜を圧迫すると、そこに骨を吸収する細胞が現れます。反対側の引っ張られる歯根膜には、骨を作る元になる細胞が出来ます。
そうして、歯はゆっくりと動き出すのです。
これは歯が、骨の中を通って自然に生えてくるときに起こっている変化と同じメカニズムです。
矯正治療は、矯正技術で加える力の大きさや方向を正確に計算し、歯を無理なく目的の場所へ動かすのです。

矯正治療とは、心の治療でもあるのです。

検査治療

矯正治療は早ければ早いほどよいというものではありません。
まだ矯正するのに早いときは、ベストの時期になるのを待ちます。
虫歯がある場合は、まず虫歯の治療をします。
必要なところは、抜歯をする事もあります。
矯正治療の準備として、歯磨き練習や虫歯の予防処置をします。

②装置による矯正

矯正装置には、たくさんの種類があります。

ブラケット

目立たない装置をご希望の方は下の写真のような裏側からの装置もございます。

ブラケット

③定期観察

矯正装置をはずしたら、歯が正しい場所で安定するように、保定装置を1~数年間使います。
定期観察は、とても大切です。数ヶ月に1回通院してチェックします。