くろだ歯科

歯・矯正のことなら大阪府豊中市の歯医者 くろだ歯科・矯正歯科 地下鉄御堂筋線から北大阪急行「緑地公園駅」すぐ。

歯周病について

歯周病について

歯周病の進行は、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。気づかないうちに、歯周病は進行し、多くの人が、歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。
さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。
歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因にもなりえます。

歯周病を治す専門的なプラークコントロールを受けてみて下さい。
歯周病は治ります。

歯周病の進行について

  • 歯周病

    進行度 1

    歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ上がり、歯を磨いたり硬いものかじったりすると出血します。

  • 歯周病

    進行度 2

    ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、体調が悪くなると、そこから出血したり、重たい感じがしたり、膿が出たりして口臭を感じる場合があります。

  • 歯周病

    進行度 3

    ポケットでの炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より衰退していきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。

  • 歯周病

    進行度 4

    歯根を支えている歯槽骨がほとんどが衰退してしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。硬いものは食べられません。

「歯周病の治療のゴールはどこなのか?」そう思われる方も多いと思います。
「適切なブラッシングで出血せず、何でも良く噛める。」これを目標としています。

初期の歯周病は、十分なプラークコントロールと歯石除去で治ります。
しかし、重症化し、歯槽骨の吸収が垂直的であり、臼歯部に根分岐部に病変のある歯は、歯石除去やプラークコントロールだけでは治癒させることができません。歯肉をめくって掃除したり、保存困難な歯を抜いての咬合改善の治療が必要になります。

御自身での口腔内ケアと、歯科医院での定期的チェックで悪化を防げます。
現在問題がない方も、早い時期からの予防が効果的と言われています。